花

 

花はやきもちやきだ

いつもは蜂などには

  目をもくれない

だが蜂がひとつの花に近づけば

  みなはいっせいにそちらをふりむく

そして蜂にほほえみかける

蜂が花を離れれば

  またみなは知らぬ顔をする

そしてときどき蜂をのぞく

蜂は花の香りにまどわされる

そして自分を失ってしまう

蜂は純情である

花の意のままに動く

そしてとどまるところがない

 

そして蜂は孤独である