ロンリーマンの詩

 

荒野をひとり旅行くロンリーマン

名を捨て 欲を捨て 心を捨てて

一人さまよう

 

おお 偉大なる若者よ

あまえが求めるものは何だ

何を一途に捜し求めているのだ

 

無限に続く細い道

おまえはそれを

無心に歩き続けている

 

頼れるものは自分ひとり

自分ひとりと細い道だけだ

 

寂しくないのかたったひとりで

苦しくはないのか歩き続けて

 

それでもおまえは沈黙したまま

歩き続ける

 

待ってくれ

おれも同じロンリーマンだ

おれも連れてってくれ

 

待ってくれ

 

 *   *

 

俺の名前はロンリーマン

 

おれには名もない心もない

  欲などもない

ひとりでも寂しくない

  苦しくない

 

この世の中は偽善ばかりだ

自分以外に頼れるものはない

真の友達なんか

  ありはしない

 

偽善者よ

何故おまえは

  おれに近づこうとするのだ

 

なにかわからなければ

  教えてやろう

困れば助けてもやろう

しかし友達なんかには

  なりはしない

 

おれにはもう

  おまえたちが信じられない

虚栄のみに生き

  本当のおまえをあらわさない

本当のおまえは

  おれに見せられないほど

    みにくいのか

 

罪悪な偽善者よ

おれをひとりにしておいてくれ

 

ああ 近寄るな

  汚らわしい