緑の童詩(わらべうた)

 

緑の野にはね

 お花がいっぱい咲いてて

 とってもきれいなんだよ

でもね

 少しでも目を閉じると

 そのきれいな花が

 どこかへ行ってしまいそうで

おひる寝できないんだよ

 ぼく

 

  *    *

 

なぜ青いお空に

 白い雲が浮かんでいるのか

きみたち知ってるかい?

 

それはね

 ぼくたちみんなが

 そうあってほしいって

 思っているからさ

 

  *    *

 

お花がひとつ咲いてたよ

さみしそうに涙を流して

 たったひとつ咲いていたよ

 

 “ねえ

  みんなのところへつれてって”

 “ぼく いやだよ

   だってみんなのところへいくと

   きみのひとをかわいいって

   きっとぼく思わないよ

  ぼく このままきみを

   見ていたいんだよ”