つぶやき

 

ある日

街を一人で歩いていたんだ

すると雨が降って来たよ

だから僕言ったんだ

 “あっ 雨だ

  雨が降って来たよ”

すると僕の横を通りかけた人が

 僕をにらんで言ったよ

 “馬鹿だなあ 雨じゃないよ

  それは君の涙さ”

 

ある日

空を一人で眺めていたんだ

すると暗くなってきたよ

だから僕言ったんだ

 “あっ 夜だ

  夜になっちゃったよ”

すると僕の真上を通りかけた

 雀が僕に言ったよ

 “馬鹿ねえ 夜じゃないよ

  あんたが目を閉じた

   だけじゃないの”